この度の東日本大震災により被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

クロックス・ジャパン合同会社および米国クロックス本社では、被災地の復興支援のために、当社のシューズ提供
および募金活動を実施いたします。

クロックス・ジャパン合同会社より各被災地の対策本部等を通じて5万足、米国クロックス本社では“Feed the Children”
を通じて5万足の計10万足を被災者の方々に提供いたします。

あわせて、募金活動を実施し、集められた義援金は日本赤十字社を通じて寄付いたします。

米国クロックス本社の社長兼CEOのジョン・マッカーベルは、「10万足のシューズが少しでも被災者の方々への支援に
繋がれば幸いです。日本にはクロックスにとって多くの大切なお客様やセールスパートナーがおられ、多くの社員もおります。
我々が必要とされているこの時期に日本の皆様のお役に立てることを大変光栄に思います。」 と述べています。

一日も早い復興をお祈り申し上げます。 



「crocs caresSM(クロックス ケアーズ)」について


クロックス社では、「crocs caresSM(クロックス ケアーズ)」という活動を通じて(http://crocscares.com/)、“世界中の足下を幸せにする”というブランドの基本姿勢に基づき、世界中の困っている人たちにシューズを提供してきました。
Feed the Children、ユニセフ、World Emergency Reliefなどとのパートナーシップのもと、現在までに提供したシューズは累計250万足を超えています。
crocs caresSM(クロックス ケアーズ)を通し、環境に配慮すると同時に、従業員や地元地域そしてグローバルコミュニティに良い影響を与える取り組みにより、支援を必要としている子どもたちや家族の生活を少しでも良いものしようと努めています。ライフスタイルシューズ・ブランドとしての社会的責任として、今後も crocs caresSM(クロックス ケアーズ)を推進していきます。

東日本大震災についてはこちら >>