クロックスは2010年、シューズサプライヤーとして、Jリーグチーム「京都サンガF.C.」を一年間にわたりサポートします。

京都サンガF.C.は、京都府の西京極陸上競技場を本拠地とする、
Jリーグ所属のチームとしては日本最古のプロサッカークラブ。
チーム名の「サンガ」とはサンスクリット語で「仲間」(samgha)を意味します。

クロックスは京都サンガF.C.のシューズサプライヤーとして、チームの選手、コーチには
コンディションを整え、チカラを引き出し、回復をサポートする「prepair (プリペアー)」を提供します。
また、チームのオフィシャルチアーリーダー「サンガチア」には、
クロックスの新定番シューズ「crocband (クロックバンド)」を提供、
京都サンガF.C.が主催する試合やイベントにおいても商品提供を行うなど、
多岐にわたりチームをサポートし、
サッカー界においても「feel good revolution」を巻き起こします!!


3月14日(日)に西京極陸上競技場で開催される、
京都サンガF.C.のホームゲーム第一戦(鹿島アントラーズ戦)においては、
試合前にクロックス・スタッフからチーム代表選手への贈呈式を行います。

また当日、会場で配布されるマッチデー・プログラムをcrocs 京都藤井大丸店にお持ちいただき、
クロックスのメールマガジン会員にご登録いただいた方には、オリジナル・ノベルティを差し上げます。

サンガファンの皆様、楽しみにしていてください!!

©KYOTO.P.S.

feel good revolution

crocs feel good revolution ~ はまる、この感じ ~

crocsは「feel good revolution」~はまる、この感じ~ を2010年のブランドテーマに掲げています。
革新的で楽しさあふれるデザインや色とりどりのカラーバリエーション、どんな場面でも活躍する機能性、そしてやみつきになるほどの抜群の履き心地・・・。
crocsのシューズでしか感じることができないfeel goodが、人々の間で自然に広まり、性別・世代・国籍を超えて、crocsファンが増えていきました。
そんなcrocsでしか味わうことのできないfeel goodを、人それぞれの感覚で体感していただきたいという思いが込められています。