終了いたしました。 ご利用ありがとうございました。


ドリュー・バリモア、ユナ、ヘンリー・ラウ、ジョン・シナをアンバサダーを起用

ドリュー・バリモア、ユナ、ヘンリー・ラウ、ジョン・シナをアンバサダーを起用

2017年4月4日、コロラド州ニオット – クロックス(NASDAQ:CROX)は新グローバル・キャンペーン「Come As You Are~自分らしく~ 」を本日より開始いたしました。本キャンペーンは、4名のアンバサダーを通じて、一人ひとりの個性を尊重し称えるとともに、誰もが自信を持って自分らしさを表現することを応援するものになります。キャンペーンのブランド・アンバサダーには、米国で国民的知名度を誇る女優のドリュー・バリモアとワールド・レスリング・エンターテインメント(プロレス団体、通称WWE)の世界チャンピオンに16回輝いたジョン・シナ、アジア全域で絶大な人気を誇るアイドルグループ『少女時代』のユナと『SUPER JUNIOR-M』のヘンリー・ラウの4名 になります。

クロックスの最高マーケティング責任者(CMO)であるテレンス・ライリーは次のように述べています。「クロックスは楽観的で、汎用性があり、快適で、既成概念に縛られないという強固なアイデンティティを持っています。本キャンペーンを通じて、現代社会においてとても重要だと言える、自分らしさを大切にすることを伝えていきたいと思います。本キャンペーンは、本日の開始に先がけ、先月からインターネット上のインフルエンサーを起用したキャンペーンや、アンバサダーの撮影現場の舞台裏を撮影した動画の公開を通じて、少しずつ紹介し始めてきましたが、すでにファンからの大きな反響を得ています。」

アイコンであるクラシック・クロッグと四季折々のその他のスタイルのフットウェアで好評を博している革新的なカジュアルフットウェアの世界的なリーダーであるクロックスは、2017年を通して、デジタル広告、PR、ソーシャルメディアを活用してキャンペーンを展開する予定です。その中では、#ComeAsYouAreというハッシュタグの使用と、様々な新しい、予想もしないようなスタイルをご提案していく予定です。このマーケティング活動を展開する国は、米国・日本・中国・ドイツ・韓国と英国で、世界中のセレブリティ、インフルエンサー、消費者とともに、自分らしさを大切にすることの重要性を共有し、実践するよう働きかけます。

本キャンペーンの今月からの開始にともない、4名のアンバサダーが「自分らしさ」を謳うマニフェスト・ビデオも発表します。また、同時に、自分らしさを楽しく表現し、さらにそれを共有することのできる「Be Yourselfie(ビー・ユアセルフィー)」というインターネットからダウンロードできる画像ゲーム(GIF generator) もローンチします。また、4名のアンバサダーが試した画像も順次公開いたします。

※マニフェスト・ビデオ
※画像ゲーム


Netflixの「サンタクラリータ・ダイエット」に出演し、エグゼクティブ・プロデューサーも務めているドリュー・バリモアは、女優、ディレクター、プロデューサー、起業家、作家、母親としてのモチベーションと成功に必要なものとして、自分らしくあることだと述べています。「私は私以外の誰でもありません。他の誰かになる方法も分かりません。私が分かるのは自分であることだけです。私たちは鏡に映る自分の姿を見て、誰かと比較したりするのを止め、自分を受け入れるべきだと思います。ふたりの幼い子どもの母親として、それはとても大切なことだと思います。それが私にとって、自分らしくということであり、今回このようなテーマでクロックスとパートナーを組むことを嬉しく思っています。」
本キャンペーンの一環として、ドリュー・バリモアとクロックスは、母の日に向けて、消費者を対象に母親への特別な思いを表現したビデオメッセージのインスタグラムへの投稿を呼び掛けています。入賞者には ドリュー・バリモアから直接ビデオメッセージが送られます。
また、ユナは、2007年に女性アイドルグループ「少女時代」のメンバーとして韓国の音楽シーンに登場しました。それ以来、受賞歴のある女優として地位を確立した一方で、慈善事業への献身的な貢献でも知られています。「私が『Come As You Are~自分らしく~』キャンペーンを素晴らしいと思うのは、人々がいつも通りの自分でいることの大切さを気づかせてくれるからです。このキャンペーンは、先入観を克服し、何をするときでもありのままの自分でいることを後押ししてくれます。」とユナは語ります。
本キャンペーンの一環として、ユナが一般消費者を対象とし、お洒落な着こなしを指南するイベントも実施される予定です。詳細は後日発表いたします。
次に、ヘンリー・ラウはアジアで絶大な人気を誇るSUPER JUNIOR-Mのメンバーで、歌手、ソングライター、作曲家で、数々の賞を受賞している音楽家です。最新シングル「ガールフレンド」は今年の3月18日にリリースされ、韓国の複数のヒットチャートでトップに輝いています。「人々の中にはありのままの自分を恐れている人もいます。僕がこのキャンペーンを気に入った理由の1つは、良いことも悪いことも含めてすべて、あなたがしてきたことを称えるというところです。」とヘンリーは述べています。
最後に 、貧しい生い立ちからプロレス界へ飛び込み、大手映画会社の映画にも出演し、「ESPYアワード(アメリカの大手スポーツ専門局ESPNが主催するスポーツ選手に贈られる表彰)」、「ティーン・チョイス・アワード」と「ニッケルオデオン・キッズ・チョイス・アワード」のホストも務めたジョン・シナは、『決して諦めない』メッセージを世界中の何百万人という子どもたちに送ります。ワールド・レスリング・エンターテインメント(アメリカのプロレス団体、WWE)の世界チャンピオンに16回輝いたジョンは「自分らしく」というメッセージに特別な思いを持っており、次のように述べています。「失敗して初めて、自分らしくいることに心地よさを感じるようになりました。『決して諦めない』という姿勢が良く思われない時もたくさんありましたが、これが私の生き方です。実際、これが多くの人の支えにもなっています。苦労を重ね、自分を認め、受け入れてきた人間からの『自分らしく』というメッセージなのです。」

本キャンペーンにおいて、ジョン・シナは一連の動画に登場し、人々に「自分らしく」ということについて、インタビューを行います。インタビューを通じて、人々の経験がソーシャルメディアで共有されることを想定しています。

本キャンペーン(#ComeAsYou Are)の詳細については、下記をご参照ください。
http://www.crocs.co.jp/stories/come-as-you-are.html