クロックスは、2009年締めくくりのイベントとして
近藤真彦監督が率いるKONDO Racingがプロデュースした
ランニングイベント「イイコトチャレンジ チーム対抗
6時間耐久リレーマラソン2009 in 筑波サーキット」に協賛しました!
img_6h_01
◆大会の特徴◆

【”イイコト”にチャレンジしてみよう!】
カラダに “イイコト”、環境に “イイコト”……。たくさんある “イイコト” の中で
実際にチャレンジしたことがあるものは意外と少ないのでは!?
頭では分かっているけれど…と、あれこれ考える前に、まずは行動してみよう!
そんな気持ちでこのレースを企画しました。

【”イイコト”盛りだくさんの6時間耐久リレー】
イイコト① 会場は「筑波サーキット」
イイコト② 有名レーシングチームも続々参戦?
イイコト③ 頑張った分だけエコロジー
イイコト④ ”イイ”出会いも見つかる?
イイコト⑤ 賞品は最高10万円の旅行券!(提供:H.I.S)特別表彰を実施
イイコト⑥ 充実のブースエリア


◆近藤監督のコメント◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1.レース活動を始められたきっかけは?
よく、「子供の頃からレーサーになりたかったんですか?」と聞かれるんですが、
実はクルマは好きだったけど、レースは特に興味なかったんです。
スーパーカーブームだったのもあって小さいころからクルマそのものは好きでした。
レースは日産の「マーチ」のCMのお仕事をいただいたのがきっかけで
星野一義さんをご紹介いただいて、「出てみたら?」というお誘いで始まったようなもの。
お腹の出てるおじさんドライバーも多かったので、楽勝かな、と思ってたら
コテンパンに負けた。それで、これは何かあるな、と。
それからハマってしまって。レーシングカーを降りてもチームまで持ってしまった。
レースは奥が深いんですよ。

2.カーレースの魅力とは?
レースの組み立てを考える面白さと一瞬に賭ける醍醐味、チームワーク、
ドライバーの研ぎ澄まされた精神力勝負は最高です。

3.KONDO RACINGのモットーは?
一番最初から考えていたのは、「速くてカッコイイ」チーム。
トップ争いができるだけじゃなくて、「カッコイイ」チームであることが必要なんです。
常にチャレンジスピリッツをもったレーシングチームとしてトップを目指すこと。
あとファンを大切にすること。

4.今回の「6時間耐久リレー」を思いついたきっかけは?
レーシングチームがプロデュースする、ということで、
クルマの耐久レースから考えました。
耐久レースでドライバーチェンジするピットロードでランナーも交代できると思って。
チームワークや戦略を立てられるところも共通するし、面白いなと。

5.KONDO RACINGの来年の目標は?
昨年のように、先ずスーパーGTレースで1勝、それからチャンスがあったら
もう1勝を狙ってシリーズ争いに食い込みたいですね。

6.クロックスのシューズをはいてみての感想をお聞かせ下さい。
まず、軽くて履きやすい。これに尽きますね。それとラク。
脱いだり履いたりもラクですよね。

7.気に入られたシューズのモデル名と、その理由を教えて下さい。
スポーツのカテゴリじゃないんですけど、ファー付のblitzen。
黒を愛用。どこにでも履いて行ってます。

8.今回のイベントで、なぜクロックスに声がけしようと思われましたか?
クルマのレースと違って、人の足でレースするイベントなので、
足を守るものは重要だと考えたんです。
それで、スポーツメーカーのシューズももちろんだけど、
走る前や後にリラックスして履ける靴のメーカーにも
こういうイベントにはニーズがあるかな、と思ったんです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今回もチームクロックスはリレーに参加しちゃいました。
6時間という長丁場に耐えられる精鋭達を集め、打倒KONDO Racingチーム!?
OHIHIさんにも特別参加をしていただきました。

入念な打合せをしております。
クロックスのベンチコートかわいいね。

クロックスと言えば、Touch&Feel!
ランナーの皆さんも走る前や走った後に、ブースで試し履きしていただき、
クロックスを体感していただきました。

ブースではtouch&Feelの他にもジビッツ投げを実施。
子どもから大人まで大勢の方がジビッツをゲットするために挑戦!
リレーには本気で参加したチームや家族で参加したチーム、
婚活チームなどさまざま。

やっぱり笑わせてくれます!仮装チーム!!
仮装で走るのって想像するより辛そうですよね・・・。
大会当日は気温がとても低かったので6時間という
長丁場を乗り切るのは大変かな~と予想していたのですが、
いろいろなブースあり、いろいろなランナーがいて あっという間の6時間でした。
寒い中で食べる豚汁・・・格別!

◆表彰式の模様◆
近藤監督も二回ランナーとして参戦!
本気の学生に抜かれてショックを受けたそうです。
三枚目の方はKONDO Racingチームの横溝さん。
横溝さんも速かった。さすが現役ドライバー!

リレーの合間に近藤さんがクロックスブースに!
会場が寒かったのもあり、プリペアークロッグとブリッツェンを
気に入っていただけました。ブリッツェンは表彰のときも
ずっと履いてくれていたのです。うれしい。。。


リレーを終えて戻ってくるランナー達にゴールのフラッグを振る近藤監督

リレーを終え、表彰式へ。
だいぶ日も暮れて寒くなってきた中、近藤監督の足元にはブリッツェンが!

それぞれの構成の表彰式がある中、サンタの格好をした女性チームが特別賞を
いただいていました。たしかに走っている最中も目立ってました~。
ちょうどクリスマスでしたしね。
2010年もクロックスはいろいろなイベントに参加していきますので、
乞うご期待!!